御園座と美術館

画像先月、伏見付近に出張した際、御園座(画像・右)の前を通りました。山口銀行名古屋支店を挟んだ碧海信用金庫御園支店(画像・左下)と共に、隈研吾さんの作品です。

誰に聞かなくても、その外観から両者が同じ建築家の作品だと、直ぐに分かると思います。

これらがあまりにも、目立つ外観(ファザード)なので、その間に挟まれた山口銀行名古屋支店がちょっと、残念な感じがしますが、実は、この山口銀行も貴重な近代建築のようです。

変に改装とかせずに、今の姿を留めて頂きたいと想いました。

左の画像をクリックして頂くと、碧信を背にした山口銀行名古屋支店をご覧頂けます。

画像伏見から矢場町の方に歩いて行くと、途中に名古屋市美術館があります。
これは有名な、黒川紀章さんの作品です。

今回は仕事だったので、美術館には入れませんでしたが、いつか内部も見てみたいと思います。

黒川紀章さんとは関係がありませんが、下の画像をクリックして頂くと、名古屋市美術館の隣にある、名古屋市科学館の画像がご覧頂けます。

他の県でも、美術館や科学館が近接していることがありますが、その必要はあるのでしょうか???

この記事へのトラックバック