博多(福岡銀行本店)

画像福岡銀行本店は、故・黒川紀章さんの作品ですが、ご本人もお気に入りの作品らしく、NHKの番組に出演された時も言及されていましたし、都内で行われた黒川さんの講演会でも、スライドで紹介されていました。

そのため、10数年前に家族で九州旅行した時、わざわざ博多に立ち寄って、福岡銀行本店を見に行きました。
ところが、折悪しく、改修中で、ビル全体が覆われていて全貌を見ることができませんでした。

今回、やっと実物を見ることができましたが・・・、あまりの迫力に驚いてしまいました。

有名建築を見て歩く場合、事前に見た画像の方が美しい場合や、期待外れの場合がありますが、この福岡銀行本店は全く逆、コンセプトの素晴らしさや、スケール感は、絶対に、現地に行かなければ分からないと思います。

画像40年以上前に建てられたそうですが、その時点で、この斬新な設計を受け入れた福岡銀行はすごいと思います。二流地銀なら、周りから、無理しているなぁ・・・と思われそうな建物ですが、一流地銀の福岡銀行だからこそ、違和感無く、受け入れられたのだと思います。

通り抜けられるのかと思っていたら、四角く、公共スペースが確保されている構造でした。
天井が異常に高いので、圧迫感は全くありません。

こういう作品が身近にある博多の方がうらやましい気がしました。

画像帰途、新幹線まで時間があったので、福岡大仏(東長寺)とキャナルシティにも行ってみました。

大仏様では無料で胎内(戒壇)巡りができます。
日常で、漆黒の闇の中を歩くのは、この時くらいでしょうから、貴重な体験です。

キャナルシティは、とてもきれいでしたが、旅行客が行く場所と言うより、地元のおしゃれなショッピングモールという感じでした。

今回、ご紹介した場所は、太宰府天満宮を除いて、全て博多駅周辺にあり、短時間で回ることができます。
とりわけ、福岡銀行本店は天神駅前で交通至便ですから、お勧めです。

この記事へのトラックバック