おみくじとお札と猪子石神社

1月2日、予定どおり、京都に帰省し、産土神社である石清水八幡宮参拝、墓参と本家挨拶を済ませました。

ウリ坊は、毎年、石清水八幡宮でおみくじを引きます。
今年は、退職、転居という大きな出来事があるので、いつもより気合いを入れてご神託を仰いだのですが・・・なんと、結果は「凶」
新年早々、暗雲が立ちこめました。

しかし、凶は今がボトム・・・これからは上がるのみということで、落ち込まず、物事に誠実にあたる姿勢を継続することにしました。

画像年末年始のどたばたも一段落し、この3連休には、例年と同じく、お手洗いに貼る「烏枢沙摩明王」のお札を頂くため、甚目寺観音参拝を行うことができました。

画像は、甚目寺観音と境内にある烏枢沙摩明王が祀られている明王堂です。

今年は亥年なので、各地で猪関連神社が注目されていますが、友人が新年早々、名古屋の猪子石神社にお参りされたので、ウリ坊も行ってみることにしました。

甚目寺駅から名古屋駅に出て、名鉄バスに乗って、まずは、一番有名な、猪子石神明宮に行きました。
初詣の時期は過ぎたかと思いましたが、まだまだ、多くの参拝客がおられました。

画像境内には、耳の神様(龍耳社)が祀られており、40歳代の頃、聴神経腫瘍の手術を受けたウリ坊は、早速、お参りしてお守りを頂いてきました。
2つめの画像をクリックして頂くと、龍耳社のご由緒書がご覧頂けます。

1月4日付けの中日新聞によると、名古屋市名東区には、かつて「猪子石村」という地区があり、村にはイノシシに似た形の大石が2つ鎮座していたそうです。

同区香坂にある猪子石神社(3つめの画像上)に鎮座しているのが、牡石で、古墳の墓石だったという説もある祟り石なので、絶対に触ってはいけないそうです。

また、同区山の手にある、大石神社(3つめの画像下)に鎮座しているのが、牝石で、こちらは、安産の御利益があり、パワースポットとして参拝客が絶えないそうです。
画像3つめの画像をクリックして頂くと、牡石と牝石の解説板がご覧頂けます。

猪子石神明宮は、規模も大きく、また、隣接する月心寺という大きなお寺を目指していけば、簡単に見つけることができますが、猪子石神社と大石神社は、住宅一軒分くらいの敷地で、かつ、住宅地の中にあるので、見つけるのが難しいかも知れません。ウリ坊は、猪子石神明宮様の御利益か、直ぐに見つけることができました。

おみくじは「凶」でしたが、イノシシさまのお力で、良い一年にしたいです。

この記事へのコメント

2019年01月14日 22:32
よいお詣りをされました
凶は油断なく事にあたれば上昇あるのみです
ボチボチ行きましょう!
らむちゃのぱぱ
2019年01月16日 07:23
今年は、護王神社がすごい参拝客の行列ができていました。私は、いまだどこにも初詣には行っていませんし、当然、おみくじもひいておりません。そもそもに月参りする神社をもっていないので、初詣の意味もありませんが、多くの皆さんが干支にちなんだり、縁起をかついて、いろいろされるのだなと感心するばかりです。
2019年01月18日 22:00
ところで「大凶」というおみくじはあるのでしょか…?
今年は神頼みでゆきたい空にとって、ウリ坊さんは先達です。
祖父母の代まではとても信心深く、お経も読めて、神仏に向き合う、謙虚で豊かな時間があったと思います。
人間の浅知恵を思い知らされる昨今、信仰によって癒されていた昔を思います。
2019年02月16日 17:20
あまりおみくじを引いたことがないのですが、引いた中身で同様するのが怖いということもあります。占いも一回だけ受けたことがありますが、、。ウリ坊さまのボトムという表現すごく新鮮な言葉の響きな感じがして、それと今後上へしか動く方向がないというのは自分も元気づけられる感じがします。大きな石がご神体になっているという神社。昔、盛岡市内に「三石神社」というところがあって、ついでにお参りに行ったことがあったのを思い出しました。
ウリ坊
2019年08月09日 11:34
縄文人さん、ありがとうございます。
いやぁ、さずがに国宝の石清水八幡宮さま・・・おみくじはよく当たります!
今年は(今までのところ)、間違いなく「凶」です(苦笑)。
定年になって、実家に引っ越したのですが・・・両親との同居はつらいことしかありません。
唯一、地元の友人達との交流が復活したことだけが、明るい話題です。
ボチボチいきます・・・。
ウリ坊
2019年08月09日 11:38
らむちゃのぱぱさん、ありがとうございます。
返信が遅れて、申し訳ありません。
いのしし・・・と言えば、護王神社なので、今年は参拝客が多かったのでしょうね。
ウリ坊は、干支とは関係無く、猪が好きなので、先日、阪神デパートのバーゲンで猪のタオルが並んでいたので、つい、買ってしまいました(笑)
4月に引っ越すまでは、ほぼ、毎週、鎮守神社(伊賀八幡宮)にお参りしていたのですが、こちらでは自分の鎮守神社がどこか定かでは無いので、お参りできていません。それも、家内が落ち着かない一因かと思っています。
ウリ坊
2019年08月09日 11:47
空さん、ありがとうございます。
返信が大変、遅くなって申し訳ありませんでした。
「大凶」・・神社によってはありますよ。
大々吉とか、末大吉とか、さまざまなものもあるようです。
ウリ坊の産土神社である石清水八幡宮は、比較的、おみくじが厳しい気がします。凶は出ないまでも、「末分(いまだわかれず)」とか「平」とかがあって、なかなか吉が出ません。吉が出ても、下降運とか記載されていることもあって、油断ができません。
余談ですが、神棚や鎮守神社では自分の願い事を(具体的に)お願いしてよいが、仏壇やお墓ではNGと言われたことがあります。真偽のほどは不明です。
ウリ坊
2019年08月09日 11:51
いまどきさん、ありがとうございます。
ウリ坊も、一喜一憂するのが嫌なので、おみくじは年一回、産土神社である石清水八幡宮でのみ、引くことにしています。
確か「二度引けば穢る、穢るれば告げず」というそうですので・・・。
一方、くじ引き感覚で、神社に行く都度、おみくじを引いて、よいことだけを信じる・・・という人もいるようです。それも、一つの考え方かも知れませんね。
自然物(山、石等)がご神体の神社は。結構あるようですね。
ウリ坊の家の近所にも、古木がご神体(?)の神社があります。
珍しい物、壮大な物を崇めたくなる気持ちは分かります。

この記事へのトラックバック