二代目に破る扇の風?!

DSCN6555.JPG
大変ご無沙汰しております。
皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

ウリ坊は、年老いて思考の柔軟性や思いやりが全く無くなった両親の生活支援で、心身をすり減らしています。
同居は、間違いでした・・・・。

ウリ坊と同年代の方は、絶対に親と同居せず、公的サービス等をできる限り利用したり、最悪でも近くに住んで生活支援をすることに留めて下さい。

また、ウリ坊の親世代の方は、子供の人生を破壊しないため、できる限り、自立期間を延ばすよう努力し、自立が困難になれば、自ら進んで、老人施設(余裕のある方は、有料老人ホーム、苦しい方は、ケアハウス等)に入るようにして下さい。

ウリ坊は、同居したがために、両親のことを大嫌いになってしまいました。
これは、お互いにとって、とても悲しいことだと思います。


さて、ウリ坊の実家がある町内は、ほとんどが昔からの住民が居住する100世帯余りの町です。
古くて、まずまず平和な町に、先日来、一大事件が起こっています。

自治会費(特別会計分?)を今年度の会計係の人が、着服したのでは無いかという疑惑が浮上しているのです。
会計監査の時期になっても、言葉を左右にして、通帳を見せようとしないのだそうです。
町内会では、当然、警察にも相談し、弁護士さんにも相談する予定だそうですが、警察は私的積立金の流用(着服)については、あまり熱心に動いてくれないようです。

驚いたのは、その額です。
僅か100世帯余りの田舎町なのに、繰越金となっていた自治会費が約4,000万円あったそうです。
年間2,400円の自治会費(すなわち、全体で24万円余り)なのに、どうしてこんなに巨額の繰越金があるのか、謎です。

会計係の方は、資産家(いわゆる土地持ち)で、御殿のようなお宅に住み、アパートも経営されています。
その家のおじいさま(故人)は、私もお話ししたことがありますが、地元の名士、人格者として知られていました。
その子供か孫に当たる方が、会計係をされているのでしょうが、慣れない事業を始めて失敗されたという噂もあり、町内のお金にまで手を付ける段階に来ているのかも知れません。

資産家が転落するのは、いとも簡単なことなのだなぁと思います。
まさに、「二代目に破る扇の風」ですね。

先日、幼なじみの友人が、「●●さん(会計係の方)が、昨日、町内を歩いていた。恥ずかしくないのかなぁ・・・」と言っていました。
都会ならともかく、●●さんご一家がこれからもこの町内で暮らして行くには、相当の面の皮が必要だと思います。