テーマ:建築

博多(福岡銀行本店)

福岡銀行本店は、故・黒川紀章さんの作品ですが、ご本人もお気に入りの作品らしく、NHKの番組に出演された時も言及されていましたし、都内で行われた黒川さんの講演会でも、スライドで紹介されていました。 そのため、10数年前に家族で九州旅行した時、わざわざ博多に立ち寄って、福岡銀行本店を見に行きました。 ところが、折悪しく、改修中で、ビ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

博多(筥崎宮)

35年くらい前、大学院の頃に訪れた筥崎宮は、海に向かう場所に鳥居がある、素晴らしい神社でした。今回、その思い出を確かめに、筥崎宮を再訪してみました。 35年前は、バスで訪れた記憶がありますが、今回は、JRを利用しました。 もちろん、神社の周辺は以前より拓けて、随分、様変わりしている気がしましたが、懐かしい海に向かう鳥居は健在…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

博多(ネクサスワールド)

先日、博多に行く用事があったのですが、拘束時間が短かったことと、週末だったため、用事の前後に、いくつか行きたかったスポットを巡ることができました。 まずは、以前から一度行ってみたかった、ネクサスワールド(福岡市にあるデザイナーズマンション群?)です。 かなり昔(15年くらい前?)に、レム・コールハース氏の掲載されていた雑誌を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜大仏とメディアコスモス

週末に、職場の若い人が岐阜で開催されたイベントに出展(仕事で)しました。 その様子を見に行ってくれる人が思い当たらなかったので、ウリ坊が土曜日に出かけて行って、相手方の社長さんにご挨拶して、出展の様子を写真撮影してきました。 仕事関連とは言え、自費で休日に岐阜まで行って、そのまま帰るのではもったいないので、先日、空さんが行ってみ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

豊田大橋と豊田スタジアム

豊田大橋や豊田スタジアムは、時々ウリ坊が買物に出かける、松坂屋豊田店から1kmほどの距離にある、黒川紀章さんの作品です。 一度、ゆっくり見てみたいと思う反面、いつでも行けるという気楽さで、放置していました。 しかし、いよいよ、愛知で過ごせる残り時間が少なくなってきたので、見に行くことにしました。 豊田大橋の方は、税金の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

御園座と美術館

先月、伏見付近に出張した際、御園座(画像・右)の前を通りました。山口銀行名古屋支店を挟んだ碧海信用金庫御園支店(画像・左下)と共に、隈研吾さんの作品です。 誰に聞かなくても、その外観から両者が同じ建築家の作品だと、直ぐに分かると思います。 これらがあまりにも、目立つ外観(ファザード)なので、その間に挟まれた山口銀行名古屋支店…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

国宝 金蓮寺弥陀堂

愛知県が大好きで、できれば永住したいウリ坊ですが、諸般の事情により、来年の5月頃には、実家のある京都に戻らなければなりません。 今まで、仕事が忙しいので、休日は休息に充てていましたが、実はまだまだ行ってみたいところが山積しています。 仕事は、終盤にさしかかって、ますます、忙しいのですが、好奇心の方が優ってしまい、今回は「国宝 金…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

六華苑

横浜の建築に圧倒されたウリ坊ですが、実は、アパートの近く(でも、ありませんが・・・)で、未だ、訪れたことが無い洋館がありました。 それは、桑名市にある「六華苑」です。 六華苑は、山林王と呼ばれた桑名の実業家、諸戸清六氏の邸宅として建てられたそうです。 広大な敷地に、洋館、和館、蔵等が配置されていて、池泉回遊式日本庭園があり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

同期会と横浜の建築

今月、久しぶりに職場の同期会が開催されました。 同期は(ウリ坊以外は)それぞれ、偉くなっていて、国内各所の支店に支店長級やそれ以上の待遇で赴任しています。 会場は東京駅周辺が良いかと思ったのですが、実家が横浜周辺の人が多いということで、横浜で開催されることになりました。 横浜と言えば、都内で働いていた頃(20歳代~30歳代…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

揚輝荘

近代建築を観るのが好きなウリ坊ですが、ここ2年くらい、あまりに仕事が忙しくて、ほとんど出かけることができませんでした。 愛知県を去らなければならない日が刻々と近づく中、以前からとても気になっていた揚輝荘に出かけることにしました。 と言っても、ウリ坊の事ですから、午後から、のそのそと出かけました。 想像どおり、揚輝荘はと…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新年の椿事

昨年11月に大腿骨を骨折した父ですが、お陰様で年末に退院し、なんとかお正月は自宅で迎えることができました。 人工骨頭置換手術を受け、比較的、短期間で退院できた父は、見かけ上、受傷前の状態に戻ったようではありますが、実は、生活に色々な制約があります。 特に、退院してから3~6ヶ月くらいは、脱臼しやすいので、足を内転させたり、無理に…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

良い年をお迎え下さい

色々と忙しかった12月ですが、家族が「名古屋に親戚がいるので、会いに行きたい」とのことで、東京からやってきたので、20日の土曜日に名古屋まで出かけました。 親戚といっても、普段親しくしている間柄では無いようで、用事は直ぐに済みました。 その時点でお昼前頃でしたので、昼食を兼ねて、久しぶりに明治村に行ってみることにしました。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

旧伊庭家住宅~ウィリアム.M.ヴォーリズ

安土城や関連施設を見た後、どうせ、滋賀まで来たので、一足伸ばして、実家に立ち寄ろうと思ったのですが、その前に、駅前で看板を見つけた「旧伊庭家住宅」に行ってみました。 旧伊庭家住宅は、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの作品だそうです。 ウリ坊は、ヴォーリズのことを全く知らなかったのですが、アメリカに生まれ、日本で数多くの西…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

旧本多忠次邸

岡崎市の東公園の一角に、旧本多忠次邸があるということは以前から知っていました。 しかし、東公園と言えば動物園。 その横で無料公開されている旧本多忠次邸ですから、夏は避暑のため、冬は暖をとるため、きっと親子連れ等で混雑しているだろうと思うと、なかなか足が向きませんでした。 ところが、新聞で「マイセン展」が2月9日まで旧本多忠…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

冬の沖縄(1)

「那覇在住の同級生が病気で1年余り休養中」ということが判明したので、急遽、那覇でお見舞いを兼ねた同窓会が開かれることになりました。 ウリ坊は今まで多忙を理由に、同窓会関係はお休みしていましたが、場合が場合なので、今回は参加することにしました。(沖縄に行くのは、これが3回目です。) 同窓会は土曜の夜だったので、金曜の夜に那覇に…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

独身貴族

東海テレビ(フジテレビ)で、木曜日の夜10時から「独身貴族」というドラマが放送されています。 藤ヶ谷君とデビ夫人が出ているので、ウリ坊は最初の頃から、見ています。 SMAPの草彅剛さんと北川景子さんが主演で、木曜の夜に見るのにぴったりな、ほんわかとした物語ですが・・・、それにしても藤ヶ谷君の取り扱いが、完全に脇役と言った感じで、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

六供配水場配水塔

少し前の話になりますが、6月1日の中日新聞に、「六供配水場配水塔」が岡崎市の景観重要建造物に指定されたという記事が載っていました。 この配水塔は、画像のようにとても素敵な建物で、以前から近くを通る都度、「何に使う物だろう?」、「内部はどうなっているのだろう?」と、興味を持っていました。 記事では、水道週間に合わせて、6月1日…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

自ら仕事を想像せよ~安藤忠雄

NHKのことは大嫌いで、受信料を払うのが惜しくてたまらないウリ坊ですが、今月の「仕事学のすすめ」はしっかりと録画しています。 建築家・安藤忠雄さんの特集だからです。 まだ、録画した番組自体は1話も観ていませんが、NHKテレビテキスト(安藤忠雄~自ら仕事を想像せよ)を購入し、読み終わったことで予習(?)は終わりました。 安藤…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

土曜日の出来事(2)~大口町立大口中学校

大口町立大口中学校は、建築家黒川紀章氏の愛知県内最後の作品と言われています。 愛知県内ですし、黒川作品が好きなウリ坊は、いつか訪れたいと思っていましたが、交通の便が悪いため、なかなか叶いませんでした。 折角、自分のために時間を使う・・・と決めたので、タクシーを利用しての、大口中学校見学を計画しましたが、駅でタクシーを見つけられな…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

さようなら「蒲郡プリンスホテル」

年末の日経新聞に、ちょっと悲しい記事が掲載されていました。 「蒲郡プリンスホテル」が本年3月末に浜松市の「呉竹荘グループ」に買収され、その後、「蒲郡クラシックホテル」と名前を変えて再出発するというのです。 蒲郡プリンスホテルをウリ坊が知ったのは、Yの悲劇の撮影場所としてです。一度は行ってみたいと思いつつ、ウリ坊のような庶民には高…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

千代田ミステリーサークル例会案内(7~9月)

仕事が行き詰まっており、4月に家族の退院に付き添うために自宅に戻って以来、満足に休日が取れず、一度も上京できないウリ坊です 今日も出勤していました。 千代田ミステリーサークルの皆様・・・・全く、例会に参加できず申し訳ありません こんな状態なので、実家(京都)に帰ることもでき…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

私の履歴書~安藤忠雄

日経新聞の最後のページには「私の履歴書」という欄があり、名をなした方々が、若い頃から現在に至るまでの経歴(できごと)を約1ヶ月にわたって連載されます。 興味が無い人の場合、スルーですが、3月は建築家「安藤忠雄」さんだったので、毎日、切り抜いていました(後でゆっくり読むため~平日のウリ坊は、ゆっくり新聞を読む暇もありません)。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大切な10代の感動体験~安藤忠雄(5)

あまりに有名で、色々なメディアで取り上げられることの多い建築家「安藤忠雄」氏ですが、昨日の日経新聞の夕刊にもコラム(取材記事)が載っていました。 安藤忠雄さんは、独学で建築家になられたのですが、その原動力となったのは10代の頃の感動体験だそうです。 感動の対象はおもしろい人や古い建築、本、音楽、美術・・・なんでも良いそうです…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

愛媛県(2)~亀老山展望公園

アトリエ系建築家という言葉が、未だ使われているか否かは知りませんが、ウリ坊は黒川起章さん、安藤忠雄さん、隈研吾さん・・・・等の建築家の作品を見るのが好きです。 この中で、隈研吾さんの作品「亀老山展望公園」が、瀬戸内海に浮かぶ「大島」にあることは、もちろん知っていましたが、そのアクセスから、訪れることはほぼ無理だろうと諦めていました…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

シャッフル!日本建築

シャッフル!日本建築(南洋堂製トランプ)が届きました。 予想していたより、紙質も画質も悪く、少し残念でした。 当初、このトランプに収載されているくらいの建物を。こつこつ見て回ろうと思っていましたが、そういう視点で選ばれたものでも無いようです。 それでも、お正月とか・・・トランプをする時の話の種にはなりそうです。 日経新聞…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

国立新美術館~ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密

昨年亡くなった黒川紀章氏は、間違い無く日本を代表する建築家のお一人だと思います。 ウリ坊は一度だけ、ご講演を聴いたことがありますが、話術も巧みで、聴衆の気持ちを惹き付ける魅力がある方でした。 黒川氏の作品は、壮大で主張が強いけれど、品がある物だと思います。 中銀カプセルタワー、福岡銀行本店、ソニータワー(現存しない)、国立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立西洋美術館~コロー展

先日、国立西洋美術館にコロー展を観に行きました。ウリ坊は、ユトリロ以外の絵画展を観に行くことは稀ですが、少しつらいことがあったので、気分転換に出かけました。 国立西洋美術館本館は、東京の家から気軽に行ける場所にあります。「日本に残る唯一の、建築家ル・コルビュジエの作品」だそうです。詳細は、リンクをご覧下さい。 この建物はウリ坊と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せを呼ぶ「ブタのチョコレート」~パルマ展

上野の国立西洋美術館で、パルマ展http://event.yomiuri.co.jp/parma/index.htmが開催されています。(5月の末から今月26日まで、約3ヶ月くらい開催されているようです。) 美術にはほとんど興味のないウリ坊ですが、パルマ展に行った方から、お土産に~幸せを呼ぶ「ブタのチョコレート」~を頂きました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

勝手に応援「黒川紀章」(5)~都市の地球学

何年か前に新幹線の名古屋駅の待合室にあるキオスクに「都市の地球学」という本が置かれているのを見つけました。キオスクの書店、それも非常に限られているスペースでは、雑誌、単行本、コミック、ノベルスがせいぜいなのに、結構、骨のある(ハードカバー)が置いてあったので、購入してみました。 ちょうど、黒川紀章氏のご講演を聞いた後の頃で、氏の著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝手に応援「黒川紀章」(4)~門司港レトロ

門司を訪れた方は、どこからでも「門司港レトロ展望室」が望めることに気付かれると思います。これは、黒川紀章氏設計による高層マンション 「門司港レトロハイマート」の31階を市が購入して、展望室として開放しているものだそうです。 ウリ坊も夜に「門司港レトロ展望室」に行ってみました。夜景が美しくて、素敵なスポットでした。 けれど、この建…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more